えん麦のちから(ふすま)の口コミと評判は全体的には良いが、効果が出ない人も!

えん麦のちから(ふすま)は、テレビCM「TBSのいっぷく」でも紹介され、数多くの雑誌にも紹介されています。

 

さらに、健康食品・植物・ハーブ部門で「楽天ランキング1位」になった事もありますので、認知度も抜群ですので決して評判は悪くありません。

 

えん麦のちから(ふすま)は、食物繊維が玄米の9倍も入っているのが大きな特徴で、「えん麦のちから」では、2袋で日本人が一日に必要な食物繊維の1/3を摂取することができます。さらに、水溶性と不溶性の食物繊維が2:1のベストなバランスで含まれていることも大切なポイントなのです。

 

不溶性食物繊維を摂取すると、何がいいのか?といいますと、胃や腸で、水分を吸収して、糞便のかさをふやし、腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を活発にし、便通を促進します。また、水溶性食物繊維は、大腸内で発酵・分解されて善玉菌を増やすことで、腸内環境を整えてくれる働きを持っているのです。

 

ちなみに、蠕動運動(ぜんどううんどう)とは、腸の輪状筋がミミズなどの虫のように動くことで、腸に 入ってきた食べ物が肛門から排便するまで、内容物を移動させる役割をしています。効果としては、腸が活発になると若さが保てたり、ダイエットに効果的だったり、免疫力がついたりと体にいいことが沢山あります。

 

さらに、えん麦のちから(ふすま)は、食後の血糖値の上昇するスピードを数値化した「GI値」が低い「低GI食品」です。「低GI食品」と言われてもピンとこないかもしれませんが、GI値が低いと血糖値の上昇が緩やかになり、インシュリンの分泌が抑えられるので、無駄な脂肪を溜めることもなくなり健康的なダイエットをサポートしてくれます。もっと簡単にいえば、GI値が低い食べ物ほどゆっくりと吸収されるため腹持ちがよく、ダイエットにもぴったりの食材ということになります。

 

また、えん麦のちから(ふすま)は、お腹で8倍にも膨らむことにより、お腹が減らない状態が続きます。呼吸も穏やか水溶性の食物繊維は、水分を含むと膨らみます。その量はなんと約8倍にもなります。

 

お腹の中でじっくり膨らむから、満腹感が続き、お腹が減らないので、全く辛くありません。また、そのネバネバ効果でお腹の中をゆっくり通るので、食べたものの吸収も穏やか。やせにくくなった体のダイエットに最適な食品なのです。

 

そんな、とても機能性豊かな「えん麦のちから(ふすま)」なので、消費者は、すぐに効果がでると期待してしまいます。しかし、人間は、個人差があるので、すばらしい機能性があっても、すぐに効果が現れる方と、時間がかかってしまう方が出てきてしまいます。

 

そのために、「えん麦のちから(ふすま)」はとても商品力としての評判は高いのですが、効果がすぐに出た方と、なかなか効果が現れなかった方で評判が分かれるといった感じでしょうか?

 

 

 

 

「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

 


えん麦のちから(ふすま)を購入した方の辛口の口コミを見てみましょう。

 

友達からの勧めでお試し。ホットにするとぬるっと感が苦手なのでアイスミルク&シェイカーで朝ごはんに!効果はまだ実感していませんが頑張って飲み切りたいと思います。


 

話題の…
最近話題の麦類。気になってたとこ、このえん麦を知り、ちょっと試してみたくなりました。ヨーグルトや豆乳に混ぜて試してみましたが、確かに満腹感があります。続けてみたい気がしますが、ちょっと高めなのが気になります。


 

身体にいいと思いますが 思ったより味がないように感じました。もう少し味が濃いと飲みやすいと思うのですが、そこはいろいろアレンジして飲み続けたいと思います。


 

お試し用を朝食に置き換えて牛乳に入れて飲んでます。一週間で約3kgくらい落ちました。腸の調子もいいようなのでもう少し続けようかと思い購入。もう少し安いといいんですが。


 

少し飲み難かったです、味はまずいですが、やせるためには仕方がないようです、腹持ちはまあまあでした。やはりおなかはすきました。


 

以上が「えん麦のちから(ふすま)の辛口の口コミ」を紹介しましたが、やはり効果があるか無いかで判断されている方が多く、味の指摘をしている方もいるようです。

 

まとめてみると、えん麦のちから(ふすま)を、いろいろとアレンジして飲みながらも、並行してウォーキングなどの軽めの運動(新陳代謝を良くする)もしていった方が早く効果を出したい方はいいようですね。

 

 

食物繊維が玄米の9倍!

低GIの「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

 

最後に「えん麦のちから(ふすま)」が人気の理由は?

健康的にダイエットしたい方にとって、どんなに良い食材だとわかっていても、毎日はなかなか続けられないものです。

 

えん麦のちから(ふすま)は粉末タイプで麦の香ばしさがあるので、自分の好きな飲み物や食べ物と、とても相性がよく、定番の牛乳や豆乳はもちろん、ほうじ茶やコーヒーにもOKです。野菜やフルーツと一緒にスムージーとして飲めば、栄養も満点の朝食の出来上がりとなります。

 

さらに、一袋44Kcalと低カロリーなので、味噌汁やコーンスープ、お料理のアレンジにも使えます。

 

このように、今までのダイエット商品と違うところは、毎日の食事の中に混ぜ込む事ができるので「継続しやすい」という事が、人気になっている最大の理由ではないでしょうか?

 

その「えん麦」という、米国タイム誌で、「栄養機能が非常に高い10の食品」に選ばれたほどの素材である事も価値はありますが、なんといっても「継続」できなければ意味がありません。

 

今まで、いろいろなダイエット食品で継続出来なかった方、20代後半くらいからの代謝が落ちて痩せにくくなった方、便秘でお悩みの方、旦那さんやご両親の健康診断結果にお悩みの方、などは試してみる価値はあるのではないでしょうか?

 

えん麦のちから(ふすま)を摂取することで、食べ過ぎを防ぎ、無駄な脂肪を溜めることもなくなり健康的なダイエットをサポートしてくれます。

 

 

 

 

「えん麦のちから」で穀物ゆるダイエットをサポート

 

 

まずはお試し「500円モニター」から始めたい方はこちら>>>『えん麦のちから』